新車紹介ソリオバンディット

ソリオバンディット
  • ソリオバンディット
  • ソリオ
  • ラパン

迫力のあるアグレッシブなエクステリア

広い空間は、人をリラックスさせる。

スズキ独自のマイルドハイブリッド搭載

2つのカメラを搭載した衝突被害軽減システム
「デュアルカメラブレーキサポート」。(メーカーオプション※1)

衝突被害軽減システムに、2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式を採用。人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形をとらえ、そのサイズや輪郭から歩行者やクルマを認識します。また、車線の左右の区画線も認識するなど、カメラでとらえたさまざまな情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートする、先進の安全技術です。

ステレオカメラがワイパー作動域にあるため、雨天時にも作動します。

*著しく天候が悪い時(大雨、雪、霧など)は作動しない場合があります。

作動した時の速度が約5km/h〜約50km/h未満(歩行者の場合は約5km/h~約30km/h未満)であれば、衝突を回避できる場合があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動ブレーキが作動する場合があります。

*自動ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることをご確認ください。
*自動ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により前進しますので、必ずブレーキを踏んでください。

※1 メーカーオプションはご注文時に申し受けます。ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。

ESP(R)[車両走行安定補助システム]

コーナーなどでの横滑りを抑えるスタビリティコントロール、発進・加速時に駆動輪の空転を抑えるトラクションコントロール、そして急ブレーキ時のタイヤロックを抑えるABS。これらを総合的に制御するESP(R)は、さまざまなセンサーで走りを監視し、必要に応じてエンジンとブレーキをコンピューター制御することで、車両の安定走行を支援します。また、坂道発進時、一時的にブレーキを作動させ、後退を抑制するヒルホールドコントロール付です。

*ESPはDaimler AGの登録商標です。
*エンジントルク低減の度合いやブレーキをかける車輪とその強さは走行状況により変化します。ESP®はあくまでも安定走行を補助する装置です。
タイヤと路面間のグリップの限界を超えてスリップや横滑りを起こした場合はESP(R)が作動したとしても、その効果は期待できません。

軽量衝撃吸収ボディー TECT[テクト]

衝突時の衝撃を効率よく吸収・分散するボディー構造。また、超高張力鋼板、高張力鋼板の採用やコンピューターによる構造解析により、安全性向上と軽量化を両立しました。

型破りな HYBRID 新型「ソリオバンディット」

  • ソリオバンディット

    ファーベントレッド ブラック
    2トーンルーフ(CFH)

    ソリオバンディット

    1,690,000円(税抜)〜

  • ソリオバンディット

    ミッドナイトバイオレット
    メタリック(ZVW)

    ソリオバンディット

    1,690,000円(税抜)〜

  • ハソリオバンディット

    ブーストブルーパール
    メタリック(ZRZ)

    ソリオバンディット

    1,690,000円(税抜)〜

車両検索

ページの先頭へ戻る